G-NET JAPAN 第2戦 マウントモンキースクランブル

5月12日に福島県猪苗代町にあるチーズナッツパークでG-NET JAPAN 第2戦 マウンドモンキースクランブルが開催されました。
DSC_0274.jpg
DSC_0220.jpg
DSC_0744.jpg
今回は商品の展示PRの為小さなブースも設けさせていただきました。
IRCテントが他のイベントで使用されており、簡単タープでの出展で失礼致しました。
DSC_0065.jpg
今回の参加台数は40台と少なかったですが、全日本エンデューロIAライダーの和泉拓選手、池田智泰選手、近藤有介選手、森耕輔選手、ラリードライバーの三橋淳選手、また難所系エンデューロで有名な藤田貴敏選手、金子岳選手など豪華な顔ぶれで会場は多いに賑わいました。
駐車場から見える猿山と呼ばれる「壁」
ここもコースです。
DSC_0087.jpg
こんな感じに登っていきます。
DSC_0187.jpg
写真ですと角度のきつさが分かりにくいのですがその中でも分かりやすい写真がこちら
DSC_0235.jpg
DSC_0249.jpg
DSC_0374.jpg
どんなに上手い方でも飛んだり、転がったり、あと少しだったり。
DSC_0398.jpg
DSC_0412.jpg
DSC_0447.jpg
DSC_0526.jpg
DSC_0686.jpg
リザルト:
DSC_0791.jpg
DSC_0793.jpg
1位:池田智泰選手(iX-09W GEKKOTA)
2位:藤田貴敏選手(VE33改 ブロックにサイプ加工)
3位:森耕輔選手
4位:和泉拓選手(iX-09W GEKKOTA)
5位:金子岳選手(VE33)
池田智泰選手は見事優勝し、フリーライドマガジンに掲載したiX-09W GEKKOTAのインプレ記事が本当である事を証明!(ありがとうございます!)
450㏄のハイパワーマシンで3時間走るもブロックの耐摩耗性も予想以上に良かったです。
DSC_0765.jpg
関東、中部、九州など、遠方から来る選手に楽しんで貰えるようにと、前日5時起きでコース下見とアドバイスをして仕事に戻り、翌日また会場入りした和泉拓選手は前半2位を走行していましたが、落ちてはいけないところに落ちてしまったりと順位を落とし悔しくも4位。
寝る時間、練習の時間を削ってまでもコース開拓を進んでお手伝いされる和泉選手は素晴らしいですね。
今回も多くの方々をお話しさせていただき楽しい時間を過ごさせていただきました。
有難うございました。
G-NET JAPANさんの動画も早速アップされています。